★MotoGP2019 モルビデッリ「ヤマハは一旦グリップが落ちると苦戦してしまう」

ホンダからヤマハへの乗り換えで好結果を出しているフランコ・モルビデッリ。新品タイヤでは良いが、イニシャルグリップが低下した途端に苦戦するというコメントは、ロッシ、ビニャーレスと同様です。ヘレステストでビニャーレスは方向性は明確になったと語っていますが、そう簡単にヤマハの2018年の苦難が終わるとは思えません。

Sponsored Link

「スムーズに走るとこのバイク(M1)では速くはしれるようです。今のところ上手くいっているように思いますね。新品タイヤで走行している時は素晴らしいスピードなんですけど、ペース改善が必要でしょう。ユーズドタイヤでは苦戦してしまいますね。」

「新品タイヤでは素晴らしいグリップがあるんですけど、遅かれ早かれグリップが失われてしまいます。タイヤがハードであるほど、グリップの低下は緩やかなようです。しかし一旦グリップが落ちてきてしまうとライバルよりも苦戦してしまうんですよ。」
「現状はどうすれば良いかわかりません。ヤマハにはフィードバックしていますので、彼らが冬休みの間に良い形で開発を進めてくれることを願っています。とは言え、現状はすべての物事が良い方向に動き出していると思いますね。」

(Source: SIC Racing)

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link