スロベキアリンク8時間耐久レース YARTヤマハがポールポジションを獲得

スロベキアリンクにおいて予選ポールポジションを獲得したのはYARTヤマハ。2位にF.C.C. TSR Honda France、3位にSuzuki Endurance Racing Teamとなった。

天候が回復し、セッション後半にかけてほとんどドライとなったトラックで緊迫した予選が繰り広げられた。ブロック・パークス、マーヴィン・フリッツはブリヂストンタイヤを履いたオーストリアベースヤマハで2分16秒台を記録。ニッコロ・カネパはトラックコンディション改善に伴い2:10.146を記録。

しかし最速タイムを記録したのはF.C.C. TSR Honda Franceのマイク・ディ・メグリオの2:07.823で、F.C.C. TSR Honda Franceは2番グリッドからのスタートとなる。グレッグ・ブラックは2番手タイムである2:09.450を記録。Suzuki Endurance Racing Teamは3番手スタートとなる。

Honda Endurance RacingとTeam SRC Kawasaki Franceはこの3チームの後方からのスタートとなる。 プライベートチーム最上位はFany Gastro BMW Motorrad by Mercury Racingで6番手スタート。その後ろにBolliger Team Switzerland、Wójcik Racing Teamが続く。Team ERC-BMW Motorrad Enduranceが9番手、VRD Igol Pierret Expériencesが10番手だ。

スロベキアリンクでは土曜の朝8時からウォームアップ走行が開始となり、レースは12時からのスタートとなる。

ブロック・パークス

「ポールポジション、そして今日のパフォーマンスに満足しています。火曜のプライベートテストでの転倒の後でしたので、自信を回復することが出来ました。」

マーヴィン・フリッツ

「今日の作業には満足です。バイクもウェット路面での感触が非常に良かったですね。」

ニッコロ・カネパ

「ドライでもウェットでも同様にスピードがあることを証明しました。レースに向けてしっかりと準備が出来ています。」

(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)