MotoGP2019イギリスGP マルケス「シルバーストーンの問題は常にバンプ」

シルバーストーンの再舗装によって高いグリップになっている場合、グリップが良いとスピードを発揮するヤマハ、スズキが伸びるため、相対的に苦戦する可能性があると語るマルケス。前後タイヤをスライドさせて向き変えが出来るストップ&ゴー型のトラックと異なり、高速コーナーでのハンドリングが問われる。

マルク・マルケス

「シルバーストーンは過去に不運もあったトラックながら素晴らしいトラックです。今回の再舗装で路面も良くなっていると思いますし、自転車でトラックを確認した感じでは問題はなさそうです。集中していきたいですし、しっかりとプッシュしていきたいですね。ここは昨年ドライではマーべリック、そしてヤマハがスピードを発揮していました。しかし今回は路面が新しくなっていますし、コンディションは当然異なっていくでしょう。」

「タイヤを理解すること、そして新しい路面のグリップを理解することが重要です。そして自分達のバイクのレベルを理解していくことになります。今年のホンダはエンジンが強力になっていますから、これがメリットとなるはずです。ドヴィツィオーゾもチャンピオンシップ2位ですからプッシュしてくるでしょう。表彰台獲得が目標ですが、ポイントをしっかりと獲得したいと思います。」

「シルバーストーンでは問題は常にバンプです。グリップが高いと苦戦するのは確かにその通りですが、今年はエンジンがパワフルでトルクもあります。ヤマハ、Ducati、スズキにも強みがあります。重要なのは毎ラウンド表彰台を狙って、ポイントを獲得していくことです。」

「オーストリアのレースは2回ほど見直しました。タイヤチョイスを失敗したのは明らかですが、Ducatiが強いトラックで合ったことも事実です。ターゲットはチャンピオンシップ優勝ですから、時には負ける時もあるということです。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)