WSBK Puccetti Racingマニュエル・プセッティ「トプラックには本当に感謝している」

トプラック・ラズガトリオグルは2015年にPuccetti Racing teamに加入。 Ninja ZX-6RでSuperstock600に参戦を開始し5戦で優勝、チャンピオンシップ優勝を果たしています。2016年、2017年にSuperstock 1000にZX-10Rで参戦し2年目に素晴らしい成績を残します。2018年のWSBKデビューイヤーに表彰台を2度獲得しチャンピオンシップを9位で終えます。そして2019年フランスでWSBK初優勝、2勝目を達成しました。

チームマネージャー マニュエル・プセッティ

「Kawasaki Puccetti Racingはトプラックに本当に感謝しています。彼とはスーパーストック600から共に戦ってきました。ライダー、チームが一緒になって育っていきました。カワサキライダーとしての彼と過ごした5年間は実に誇らしいものです。トプラックの才能は明らかで、彼は素晴らしいファイターです。彼はライディングスタイルを彼のマネージャーであり、Puccetti Racingのライダーであったケナン・ソフォーグルから学びました。トプラックの素晴らしいWSBKにおける未来は間違いないでしょう。Kawasaki Puccetti Racingとカワサキは彼に心から感謝しています。」

カワサキEUレーシングマネージャー スティーブ・グッドリッジ

「トプラックが16歳の時から一緒に仕事を続けることが出来たのは大いなる喜びです。様々なカワサキNinjaと共に彼の成長を見届けてきました。彼のメンターであるケナンが”この子は金の卵だ。彼をしっかり育ててくれ”と話していたことを思い出します。チームとして彼を常に支えてきましたし、彼はストックカテゴリーで常にカワサキライダーとしてTOPの成績を残してくれました。そして彼は最新のZX-10RRと共にカワサキとの旅を終えることになります。彼の移籍は実に残念ですが、トプラックとケナンがカワサキで成し遂げてくれたことに感謝したいと思います。また、トプラックのような優れた才能のある選手をさらに成長させてくれるWSBKという選手権に感謝を捧げたいですね。」

トプラック・ラズガトリオグルのカワサキにおけるレース戦績

Superstock 600 – Ninja ZX-6R
・2015にチャンピオンシップ優勝
・2014年にワイルドカードでレース優勝
・優勝回数6回
・表彰台獲得数8回
・ポールポジション獲得数2回

Superstock 1000 – Ninja ZX-10R
・2017年にチャンピオンシップ2位
・優勝回数3回
・表彰台獲得数7回

WorldSBK – Ninja ZX-10RR
・現在ランキング5位
・優勝回数2回
・表彰台獲得数12回

(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)