アレックス・マルケス HRCと1年契約を締結、2020年はレプソルホンダでMotoGPに参戦

ホルヘ・ロレンソの引退から急遽誰がマルクのチームメイトになるか騒がれていたが、ホンダは弟のアレックスをチームメイトに選択。契約期間は1年だが、これは他メーカーの有力ライダーの契約満了に合わせて、アレックスが1年でRC213Vにある程度適合出来なかった場合、2020年シーズン限りでの放出もあり得るという事だろう。

アレックスがチームメイトとなる事で開発面で情報共有はされやすくなるだろうが、ロレンソのように適合に著しく苦戦した場合、果たしてマルクに弟にも乗りやすいバイクを作ろうというモチベーションが働くのかどうか?そのせいでマルクの調子が狂って勝てなくならないか?など心配要素の多い人選と言えるが、まずはテストで2019年型をテストするアレックスのパフォーマンスに注目したい。

HRCプレスリリース

HRCは2度の世界チャンピオンであるアレックス・マルケスと契約を結んだ事を発表します。若きスペイン人ライダーであるアレックスは、1年契約でレプソルホンダチームに加入します。」

「アレックスは中量級からステップアップし、8度の世界チャンピオンであるマルク・マルケスのチームメイトなり、RC213Vを操縦する事となります。」


(Source: HRC)

(Photo courtesy of marcvds, Michelin)