ファビオ・クアルタラロ 2021年からヤマハファクトリーチーム加入が決定

ファビオ・クアルタラロ

ヤマハ発動機のYamaha Factory Racing MotoGP Teamは、ファビオ・クアルタラロと2021年、2022年の2年契約を結んだ。これで来年のヤマハファクトリーチームは、マーべリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロという布陣となることが決定した。つまりバレンティーノ・ロッシは2021年に現役を続行するとしても、サテライトチームでの参戦となるわけだ。

昨年、ファビオ・クアルタラロはその才能を遺憾なく発揮、フランスのニース出身の20歳のファビオ・クアルタラロはデビューシーズンに7度の表彰台を獲得(2位5回、3位2回)した。何度も優勝の可能性を感じさせるレースを展開し、最終的にランキング5位、独立チーム1位、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しシーズンを終えている。

2020年は現在のチームであるPETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamから出場。今年はファクトリーチームと同一のファクトリースペックYZR-M1を使用し、悲願のMotoGPクラス初優勝を目指す。

マネージングディレクター リン・ジャービス

2021年、2022年にファビオ・クアルタラロがYamaha Factory Racing MotoGP Teamの一員となることを嬉しく思います。彼のデビューイヤーでの成績は驚くべきものでした。彼は6度ポールポジションを獲得し、7度の表彰台を獲得、その卓越したライディングスキルは明らかでした。PETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamとの契約を終えた後はYamaha Factory Racing Teamに昇格するのはごく自然な流れと言えるでしょう。」

今シーズンに関しては、ファビオ・クアルタラロはフルファクトリースペックのYZR-M1を使用し、ヤマハから万全サポートを得ます。彼はわずか20歳ながら、トラックの内外で素晴らしく成熟した姿を見せてくれていますので、2021年が楽しみです。ファビオ・クアルタラロとマーべリック・ビニャーレスが、Yamaha Factory Racing MotoGP Teamに素晴らしい刺激を与えることで、チームがYZR-M1の開発をさらに進め、MotoGPタイトル獲得のために、あらゆる手段を講じていくという大きな力となってくれるでしょう。」
ファビオ・クアルタラロ

ファビオ・クアルタラロ

「ヤマハ発動機と共にマネージャーがこうして話を数カ月間動いてまとめてくれたことが本当に嬉しいです。簡単なことではありませんでしたけど、この先3年に関して明確なプランを持つことが出来ました。これからも昨年同様にハードに作業を進め、最高のパフォーマンスを発揮するためにモチベーションに溢れています。」

「冬休みが本当に長く感じます。来週セパンに向かい、新型のYZR-M1に乗ること、クルーと再開出来るのが待ち遠しいですね。ヤマハ発動機、そしてPETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamに大きな感謝を捧げます。PETRONAS Yamaha Sepang Racing Teamは2019年にMoGPデビューのチャンスを与えてくれました。彼らが再び誇らしく思えるような結果を得るために、全力を尽くします。
ファビオ・クアルタラロ
(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)