今週末29日にMotoGPライダーが争うバーチャルレースを開催 トラックはムジェロで6周で争われる

今週末にMotoGPライダーによるバーチャルレースが開催

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっており、東京に関しても基本的に平日の勤務体系はリモート、週末の外出自粛などを小池都知事が今晩会見を開いて要請する形となった。MotoGPの開幕は改訂版スケジュールでは5月ヘレスとなっているが、おそらくこれが7月にずれ込む見込みだ。

レースを待ちわびるファンのため、ドルナはMotoGPのスター選手によるビデオゲームでの対戦を今週末3月29日に開催する。プラットフォームとなるゲームはMilestone開発のMotoGP公式のビデオゲームだ。

バーチャルレースに参加するのはマーべリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ、マルク・マルケス、アレックス・リンスなどで、公式が発表している画像にはアレックス・マルケス、ジョアン・ミール、フランセスコ・バグナイア、ミゲル・オリヴェイラ、イケル・レクオーナ、アレイシ・エスパルガロの姿もある。

トラックはムジェロとなり、決勝レースは6周。決勝前には5分間の予選があり、これでグリッドが決定される。予選を含めた全てのイベントはGMT+2(東ヨーロッパ時間)15時(日本時間3月29日22時)よりmotogp.com、esport.motogp.com、複数のTV局において配信される。また、レースの模様はyoutube、Twitter、Instagram、Facebookなどでも紹介される。

(Source: motogp.com)

(Photo courtesy of michelin)