新型コロナウイルス感染再拡大で、MotoGP最終戦ポルトガルGP開催中止の恐れ

ポルトガル政府の保健省は緊急の記者会見を行い、11/22に予定されているMotoGP最終戦となるポルトガルGPの開催が難しいかもしれないと発表した。これはポルトガル国内の新型コロナウイルスの感染者数が急激に増加していることを受けての決定。

欧州ではフランスは10/30から外出禁止を全土で再導入しており、ドイルは11/2から飲食店、娯楽施設の営業を禁止。ベルギーもスーパーなど生活必需品店を除く営業停止を11/2から小売店全般に拡大。ポルトガルも11/4から首都リスボンを含む多くの地域で、可能な限り在宅を求めると発表している。

F1ではポルトガルGPの開催後に14名の感染者が発生していることから、MotoGPの初開催が危ぶまれる状況だ。

(Photo courtesy of dorna sports)