アレックス・リンス 手術を実施、6月20日のドイツGP復帰を目指す

アレックス・リンス 手術を実施、6月20日のドイツGP復帰を目指す

6月20日のドイツGP参戦を目指す

木曜日に自転車でのトレーニング中に転倒、右手橈骨の遠位部の骨折を負ったアレックス・リンスは、金曜日に手術を受けた。今後は怪我の回復に務め、6月20日に開催となるドイツのザクセンリンクで開催されるドイツGPへの出場を目指すことになる。アレックス・リンス 手術を実施、6月20日のドイツGP復帰を目指す

Advertisement

デクセウス大学病院 グザビエ・ミール医師

「本日、アレックス・リンスは、骨折部を固定する手術を受けました。合併症がなければ、来週の月曜日には機能的に回復することが出来るでしょうし、2週間以内に開催となるザクセンリンクでのレースに出場できる可能性もあります。」

アレックス・リンス

「手術はうまくいきました。すでに回復のことを考えていて、できるだけ早く100%の状態に戻りたいと思っています。今回の件では悔しい思いをしています。今週末参戦できなかったことをチームに謝罪したいです。昨年のこの大会では、スズキが2台とも表彰台に上るという素晴らしい結果を残すことができましたが、今年もそれを実現できないのは残念です。今日の手術は、可能な限り最短の回復期間となることを望んだために行ったものです。ドイツGPに戻ってこられるようベストを尽くします。応援メッセージをくれたファンの皆さんに感謝したいと思います。」

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of suzuki-racing)

MotoGPカテゴリの最新記事