MotoGP2021ミサノテスト アレックス・リンス「2022年型エンジンは好感触」

MotoGP2021ミサノテスト アレックス・リンス「2022年型エンジンは好感触」

スズキのライダー2名は、Ducatiを相手にした場合あと少しのエンジンパワーが必要だと何度か語っているが、今回のミサノテストでは新型エンジン、シャーシ、ライドハイトデバイスに関してもテストを行っていた。新型エンジンについてはパワーアップを感じているとのことで、ライドハイトデバイスの調整と合わせて、来年からのタイトル争いにおける武器になることが期待される。

Advertisement
MotoGP2021ミサノテスト アレックス・リンス「2022年型エンジンは好感触」

良い方向に進んでいる

アレックス・リンス

「今回非常にポジティブなテストになりました。2022年型エンジンをしっかりと試すことが出来ました。エンジン自体が少しパワフルになっていて好感触です。まだ多少のアジャストは必要ですが、これは新型エンジンですから当たり前のことです。いずれにしても間違いなく良い方向に進んでいます。」

「また次回のミサノでのレースに備えてセットアップ作業も進めていますが、興味深い解決策を見つけることが出来ました。今日は同時にライドハイトデバイスに関しても作業を行っています。今までは落ち着いて比較テスト出来ていませんでしたが、しっかりとデータを取得することが出来ました。」MotoGP2021ミサノテスト アレックス・リンス「2022年型エンジンは好感触」

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of suzuki-racing)

MotoGPカテゴリの最新記事