★ヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシング 40周年記念カラーで今年のMotoAmericaに参戦

2018年はスズキとヨシムラがAMAスーパーバイク選手権に共に参戦を初めてから、記念すべき40年目となります。これを記念して、ヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシングチームは今年特別なグラフィックを採用したGSX-R1000でレースを行います。ファン心理としては、北米仕様として特別カラーリングの車両が登場すると嬉しいところですね。

Sponsored Link

2018年はヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシングが、MotoAmericaスーパーバイクチャンピオンシップのタイトル防衛に挑むだけの年ではない。今年は歴史上最も成功を収めたパトナーシップの40年目の記念すべき年となる。

1978年にスズキとヨシムラはヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシングを結成し、AMA Proロードレースに参戦を開始。この組み合わせは見事な結果を実らせた。40年のレース活動の中でヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシングはMotoAmerica AMAスーパーバイクにおいて最も成功を収めたチームとなった。

ヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシングは14度MotoAmerica AMAスーパーバイクのチャンピオンシップで優勝し、合計で189勝を達成している。これによってスズキはMotoAmerica AMAスーパーバイクにおいて、最多勝を挙げたメーカーとなっている。また、最高峰のスーパーバイククラスに加えて、ヨシムラ・スズキ・ファクトリーレーシングは、それ以外のクラスのチャンピオンシップにおいても優勝している。

ヨシムラとスズキの40周年を記念して、チームはGSX-R1000に新たなグラフィックを採用する。

スズキ ケリー・ガーバー

「モーターサイクルレーシングは今後も未来があるスポーツです。しかし、一度立ち止まり、スズキとヨシムラが共に成し遂げた成功を振り返るのもいいものです。ヨシムラとスズキの名前を背負って、いかに多くの偉大なライダー達が走ったかを振り返るのは素晴らしいですね。ウェス・クーリー、ケビン・シュワンツ、ダグ・ポーレン、ジェイミー・ジェームス、スコット・ラッセル、マット・ムラディン、ベン・スピーズ、トニ・エリアス、ロジャー・ヘイデンそれにその他にも素晴らしいライダー達がいます。チームは素晴らしい伝説を残しましたし、40年前に始まったこの素晴らしいパートナーシップを祝福したいと思います。」

この素晴らしいパートナーシップの成功は、実は両社がチームを組織する事に合意する1978年以前に始まった。1977年の AMAスーパーバイク選手権ラグナセカ戦において、スティーブ・マクラフリンがヨシムラスズキのGS750ベースのスーパーバイクで優勝。これはスズキにとって AMAスーパーバイクにおける初めて勝利だあり、これが1978年に始まる素晴らしいパートナーシップの始まりになったのだ。

ウェス・クーリーはヨシムラ・スズキ・ファクトリーチームとして初めて、AMAスーパーバイクにおいて1978年にチャンピオンを獲得。彼は1980年にもチャンピオンを獲得しており、その当時についてチーム、そしてチーム創設者のPOP吉村と過ごした時がいかに素晴らしいものだったかを語っている。

ウェス・クーリー

「POPのためにバイクに乗る時は常に全力を尽くしたかったんだ。彼は自分とチームのために全てを捧げてくれたからね。自分がPOPについてよく覚えているのは、カムを削っている姿だ。彼は作り上げたエンジンから、最後の1馬力まで絞り出そうとしていたんだ。POPはヨシムラの方向性を作った人物で、彼が作り上げた伝統であるハードワークとクラフトマンシップが受け継がれているのを見るのは嬉しいものだよ。」

ジェームス、ムラディン、スピーズ、エリアスはクーリーの後を追って、ヨシムラスズキのマシンを乗る中でMotoAmerica AMAスーパーバイクチャンピオンになっている。

Yoshimura Racing Sakakura氏

「スズキとこうして素晴らしいパートナーシップを維持できている事を嬉しく思います。GS750、GS1000の時代に遡り、そして現代の伝説的なGSX-Rまで、スズキは常にヨシムラにレースをするための最高のバイクを供給してくれています。」

今年ヨシムラスズキは新たなシーズンを迎える。デザインを一新したGSX-R1000は昨年素晴らしいデビューシーズンを迎え、チームは2017年のMotoAmerica AMAスーパーバイクチャンピオンシップにおいて、全20戦のうち13戦で優勝、そしてランキングにおいてはエリアスとヘイデンが1位、2位を記録した。

ヨシムラスズキにとって40周年となる今年、チームはタイトル防衛を狙う。開幕戦はジョージア州のブレイセルトンに位置するRoad Atlantaにおいて4月13日-15日に開催される。


(Source: suzuki-racing)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★クールスマイル バイク用のヘルメット内冷却製品「ヘルメットエアコン」を6月30日に発売
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「フィーリング自体は良い」
★ナップス、警視庁協力のもと4/15(土)に無料ライディングスクールを開催
★モト・イタリアーナ東京西(カネバン)試乗展示会のお知らせ
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★マン島TT2017 月曜の予選セッションも悪天候によりキャンセル
★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」
★Laverda(ラベルダ)博物館のバイク全81台を手に入れるチャンス
★スズキ 2018年モデル GSX-R1000 ABS 近日発売
★AGV ロッシ選手のデビュー20周年を記念するPISTA GP R “20 YEARS” を発売
★ブレンボのPR16マスターシリンダーの大規模リコール Ducatiが対象車両を発表
★ホンダ 「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの受注状況について
★二輪車3モデル「MT-10 SP」「TMAX530 DX」「XMAX 300」 世界的デザイン賞「iFデザインアワード」5年連続受賞
★MotoGP2018カタールGP リンス「自信がある。開幕戦に向けて準備は万端」
★MotoGP2018カタールGP 予選6位リンス「自分にとっては最高の予選結果」
★第45回東京モーターサイクルショー Arai、Kabuto、KIJIMAブース
★MotoGP2018 イアンノーネ「カタールでは自分は大人の対応が出来ていた」
★好評販売中のSUZUKIバイク印鑑に、新車種が追加! 新たに19車種を加え、全29車種のバイク印鑑がMONOIYで販売中!!