★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」

ニッキー・ヘイデン選手の弟のロジャー・リー・ヘイデン選手(Moto Americaに参戦中)が、Instagram上で、最愛の兄へのお別れを述べています。

Sponsored Link

Nicky my brother, our story wasn't suppose to end like this. You were world champ for a reason. I've never met someone with the desire for racing bikes like you. I remember growing up we shared a room and you studying notes you took from the previous race and we were 12-13 years old, I'll never forget the Monday morning after you won the world championship, you woke me up to go running. That's what separated you from the rest and made you a legend. I could go on. You made everyone here better, cause when you wasn't here, we were riding or cycling to close the gap for when we road with you again,. You pushed me to my best, but more importantly I'll remember what kind of brother you were. You were legend of a racer and a brother. You were there for me no matter what was going on in life. You wanted to help, I'm glad you were able to see me at my best these past couple years, not just on the bike, but mainly off it. I can sit here and ask why all day, but instead I want to be thankful for having a brother like you for 33 years. Don't worry I got the nieces handled. No boyfriends till they're in college and I'll teach the nephews what it takes to be a champion in whatever they decide. This picture is special to me, because after some bad luck and it looked like your world title was over, I grabbed you like this and told you it was still your year, and that was the first thing you did to me when I saw you at the podium. Tell me it back. Even during this incredibly difficult time I still have my faith, I believe if god will bring you to it, he will bring you through it. Till we ride again I love you. #letsgetit #69

A post shared by Twitter: @RogerHayden95 (@rogerhayden95) on

「ニッキー。兄さん、俺達のストーリーはこんな風に終わるはずじゃなかっただろ。兄さんが世界チャンピオンになったのには理由があるんだ。兄さんみたいにバイクレースへの欲望を持った人間には会ったことがないよ。一緒に同じ部屋で大きくなったのを覚えてる。前のレースから学んだ事を書き込んだノートで勉強していたね。俺たち、まだ12か13歳のガキだった。兄さんが世界チャンピオンを獲った次の月曜日は絶対に忘れない。ランニングに行くのに起こされたね。これが兄さんを他の選手達とは別の伝説の選手にしていたものなんだ。俺も同じように進んでいけると思う。」

「兄さんは、誰をも素晴らしい自分にすることが出来た。兄さんがここにいなかった時は、兄さんと一緒にバイク、自転車で走った時の差を埋めるために走っていたんだ。兄さんは俺を限界までプッシュするのを手伝ってくれた。でも、もっと大事なことは、俺は兄さんが俺にとってどんな兄貴だったかを、これからもずっと覚えているってことだ。兄さんは伝説のレーサーで兄貴だった。俺の人生にどんなことがあっても常に傍らにいてくれた。俺を助けようとしてくれた。兄さんが俺の最高のここ数年を見ることが出来て嬉しかった。バイクの上だけでなくて、主にバイクから降りている時のことさ。ここに座ってなぜなんだ?と1日中考えることが出来る。でも、33年間、あなたみたいな兄貴を持てた事に感謝したい。」

「姪っ子はまかせて。彼女らが大学に行くまではボーイフレンドは作らせないから。甥っ子には、どんな道を選ぶにしても、チャンピオンになるには何が必要かを教えるよ。この写真は俺にとっては特別なんだ。何度か不幸なレースの後、兄さんの世界チャンピオンの夢は潰えたと思った後、俺は兄さんをこんな風に抱きかかえて”まだ兄さんの年だ!”と言ったんだ。そして、兄さんは世界チャンプになった後、俺をパドックで見た時に一番最初に同じ事をしてくれた。俺にもそうだと言ってよ。今こんなにも厳しい時でも、俺は信仰を捨てていない。もし神様が兄さんをお召しになるのなら、それは仕方ないんだろう。また一緒に走る時まで。。愛をこめて。」

(※若干修正しました)

(Photo courtesy of nickyhayden.com)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 なぜDucatiのフェアリングは、ルール上恐らく問題ないと言えるのか?
★MotoGP2017ミシュラン アメリカGP決勝レースリリース
★MotoGP2017ヘレスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今日は難しいコンディションだった」
★「国内最大級」のバイクイベント開催!!バイク「3000台」が集結!!
★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト
★MotoGP2017フランスGP Q1結果
★トミー・ヘイデン「ニッキーは私たち家族の誇り」
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★MotoGP2017イタリアGP FP4結果
★MotoGP2017 6/7時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★ヤマハ発動機の大ファン日本画家が描いた「MT-07」「MT-09」を企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて展示開始
★MotoGP2017オランダGP予選5位 レディング「ドライでレースをするのは、かなり厳しい」
★MotoGP2017オランダGP ロレンソ「過去3年、4年の中でも最悪のレース」
★MotoGP2017チェコGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★今年で13回目のアウトドアイベント「フィールアース2017」、9/9~10に開催! 「with ジープ フェスティバル」も同時開催
★MotoGP2017アラゴンGP イアンノーネ「GSX-RRのフィーリングを向上させたい」
★BMWモトラッド 北米市場F800GT、F800Rのリフレクターに関するリコール