MotoGP2019 マルク・マルケス「レプソルホンダチームという家族の一員であることが嬉しい」

左肩の脱臼癖を手術によって治療したマルケス。肩の調子は開幕までに100%にはならないでしょうが、それでも今年もタイトル獲得の最有力候補と言えます。マルケスが怪我を抱えてシーズン開幕を迎えるのはおそらく初となりますが、再来週に迫ったセパンテストでも無理は禁物でしょう。

マルク・マルケス

レプソルホンダチームという家族の一員であることが嬉しいですね。家のソファーでレースを見ていた子供時代、HRCのカラーに身を包んでこの場にいたいと思っていました。レプソル共にレースをしてきた事は本当に大きな名誉で、スペイン選手権時代、そしてその後も世界選手権でサポートをしていただいています。そして今は、レプソルとホンダがさらなるタイトルを獲得することの手助けが出来ていること、さらに成功の歴史を積み上げて行くことの手伝いが出来ていることは大きな喜びです。」

「Moto2クラスで戦っていた当初はレプソルホンダチームで走りたいとずっと思っていましたし、MotoGPタイトルを獲得したいと思っていました。ですから以前ジャーナリストがチームを変える可能性があるかと尋ねた時に、既にこんなに素晴らしいチームの一員なのに、なんでチームを変更する必要があるんだ?と思ったんです。このチームはまさに家族です。レプソルとホンダの関係は最高ですし、毎年目標を達成しようと努力する中では、こうした関係が本当に重要なんです。2019年の終わりには、また素晴らしい形で祝賀が出来ることを願っています。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of HRC)