SBK第3戦アラゴンFP2 10番手デイビス「ペースは悪くないはず」

アラゴンを得意としているデイビスですが、金曜日はバイクに発生する振動の問題に悩まされていたとのこと。これを解消するために施したセッティングでは、バイクがかなり変化してしまうようです。

チャズ・デイビス

1’50.920
「今朝は良いセッションになりました。しかし午後のセッションはフラストレーションが溜まるものとなりました。バイクのセッティングを変更していたんですが、かなり変化があるように感じました。その後良い感触を感じるようになって、FP2の終わりの最終セクター付近で雨に振られて、良いタイムが出ていたラップを放棄せざるを得ませんでした。バイクに発生していた振動の問題に関して少し前進したんですが、そのためにバイクのセッティングがかなり変化してしまい、良い点も悪い点もあると言えるでしょう。良い走行が出来ればペースは悪くないはずですから、明日またどうなるかですね。」


(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)