MotoGP2019イタリアGP6位 ビニャーレス「まるで氷の上を走っているようだった」

結果的に6番手ながら、表彰台にはかすりもしない走りとなったマーべリック・ビニャーレス。今回も序盤から苦戦、全くグリップを感じなかったとのこと。ストレートが遅い以外にも、暑いコンディションで苦戦するという問題も改善されていないことが伺えます。

マーべリック・ビニャーレス

「今日はバイクのフィーリングが全くなくてタイヤもグリップしませんでした。まるで氷の上を走っているような状況でした。6番手なんて順位では駄目なんです。ヤマハはもっと努力するべきでしょう。モンテメロでは良い結果を得たいですが何が期待出来るかわかりません。練習走行では良い位置にいましたが、レースでは全く状況が異なりました。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)