MotoGP2019ドイツGP マルケス「バイクに合わせてライディングスタイルを変えてやることは必要」

アッセンでは週末に苦戦しながらもレースで20ポイントを獲得。今回は今まで連勝を続けているザクセンリンクですが、今まで同様に集中して、オースティンのような過ちを繰り返さずにセッションを進めると語るマルケス。なお、マルケスは今まで全クラス合わせてザクセンリンクでは9連勝、MotoGPクラスでは6連勝しています。

マルク・マルケス

「アッセンの週末は調子は良くないながらも結果を残すことが出来ました。その中で20ポイントを獲得出来たというのは大きいです。ザクセンリンクはFP1から良い走行をしたいですが、得意としてきたオースティンではレースで転倒してしまったので、集中していく必要があるでしょうね。

「最も重要なことはコンスタントに結果を残すことで、バイクはどのサーキットでも良いセットアップが出来ています。そういう形で走れるように過去2年バイクを作ってきていて、弱点だった部分は強くなり、今での強みは少し弱くはなっていると思います。アッセンでは苦戦しながらも結果を残せています。これが一番大事なんです。」

「バイクの新しいエンジンに合わせて、自分のライディングスタイルを変えることは重要です。自分自身ライディングスタイルは昨年からは変わっています。バイクの問題に対してライディングスタイル、ライダー側で合わせてやることが重要なんです。こうした部分をチームと一緒に進めていくことが大事になります。」

「ザクセンリンクに関しては昨年優勝していますが、ヤマハ、Ducatiがすぐ後ろにいました。これ自体が意味することがあるはずで、今週末も引き続きベストを尽くしていきたいと思います。自分たちの強みと弱みはわかっています。」

「キャミリンクはサーキットが出来てきていますが、今のところは写真くらいでしか情報がありません。見たところコース外のスペースなど良さそうに見えますよね。アスファルトがしっかりとしていることが重要ですが、テストを行い、ドルナがこれを確認していくことになるでしょう。今後はどんどんレースが増えてテストが減っていくわけですが、そういう流れだということですよね。夏休みはビーチに行ったり、家族、友人と過ごしたいですね。行き先は教えたくありませんが(笑)」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)