サイン・ハウス 2019年12月より台湾のSYM(エス・ワイ・エム)の販売を開始

SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125

バイクインターコムB+COM、バイク用品の販売を行う株式会社サイン・ハウスは、12月より台湾のSYM(エス・ワイ・エム)の車両の正規輸入、販売を開始する。これは台湾の自動車及びオートバイの製造メーカーである、三洋工業股份有限公司(SANYANG MOTORCO.,LTD.)から株式会社サイン・ハウスが要請を受け、日本におけるSYM(エス・ワイ・エム)ブランドの商品の唯一の正規輸入・販売権を持つ企業として新たに業務に取り組むこととなったことによるもの。

SYM(エス・ワイ・エム)
SYM(エス・ワイ・エム)

SYM( エス・ワイ・エム ) とは

SYM( エス・ワイ・エム ) は1954年創業。台湾・三陽工業(SANYANG MOTOR)が製造・販売する二輪車のブランド。台湾の中でももっとも古くからエンジン・輸送機器製造業として創業した。60年を超える歴史の中でホンダとの協業、OEM 生産を請け負い、現在でも韓国・現代工業の生産の受託を行うなど、4 輪の生産拠点としても高い技術力が評価されている。現在ヨーロッパで販売されているモデルは全て現地の厳しい規格である EURO-4をクリア。日本での販売モデルは EURO-4 に対応したモデルのみ販売を行う。

サイン・ハウスがOrbit Ⅲ 50/125 販売開始

SYM( エス・ワイ・エム ) は、旧インポーターによって 2007 年より日本での輸入販売を開始。日本メーカーの車両比べても遜色なく、求めやすい価格で人気を博したが、2017 年に日本での輸入販売を終了。しかしSYM( エス・ワイ・エム ) が日本から姿を消してしまうのは惜しいという思いからサイン・ハウス車両事業部で取扱いを決定。

今年5月より過去に販売を行った車両の部品供給を開始。まずは OrbitⅢ( オービット スリー )50/125 の販売を開始、今後は他のモデルも販売を予定している。メーカー希望小売価格は、50ccで税込み165,000円、125ccで225,500円となる。

SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125

SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125
SYM(エス・ワイ・エム)Orbit Ⅲ (オービットスリー )50/125

OrbitⅢ50 / 125諸元表

エンジン
4ストローク、2バルブ、単気筒
排気量50 c.c. / 125c.c.
冷却システム空冷
燃料システムECS / E.F.I.
変速機形式C.V.T.
レギュレーションEURO 4
フロントサスペンション
テレスコピックフォーク
リアサスペンション
ユニットスイング式
フロントブレーキ
ディスク 226mm / ディスク 226mm + CBS
リアブレーキ
ドラム 110mm / ドラム 130mm + CBS
フロントタイヤ110/70-12
リアタイヤ120/70-12
Head Light (High/Low)
12V 35W / 35W x1
全長 / 全幅 / 全高
1915mm x 680mm x 1120mm
ホイールベース1290mm
車両重量
110㎏(50㏄) / 120㎏(125㏄)
燃料タンク容量5.7L

(Source: 株式会社サイン・ハウス)

(Photo courtesy of 株式会社サイン・ハウス)