再改定版 FIM世界耐久選手権2019-2020年カレンダー

改訂版 FIM世界耐久選手権2019-2020年カレンダー

新型コロナウイルスの蔓延により、FIM世界耐久選手権は2019-2020年カレンダーを再度変更することとなった。FIMとプロモーターであるユーロイベントは、各国政府の動きを視野に入れて残り3戦のスケジュールを変更した。

6月6日にドイツのオッシャースレーベンで開催予定だったオッシャースレーベン8時間耐久レースは、政府による集会、外出の制限を受けて中止が決定した。オッシャースレーベンでの耐久レースがカレンダーに加わったのは1999年で、ドイツ人にとって欠かせない観戦すべきレースの1つであったが、残念ながら今年は中止となった。

これによってFIM世界耐久選手権は7月19日に日本で開催される鈴鹿8耐から再スタートとなり、ル・マン24時間レースが8月29日に開催される。今回のスケジュール変更で、9月19日に開催されるボルドールが最終戦となる。これによって2019-2020年シーズンのFIM世界耐久選手権は、ボルドールに始まり、ボルドールに終わることとなる。

ル・マン24時間耐久レース、ボルドールのプレテストは中止となるが、レースウィークの火曜、水曜のフリープラクティス時間が延長される。なお、ユーロイベントは独立チームを助けるため、ル・マン24時間耐久レースとボルドールに参戦する独立チームのバイク1台あたり1,500ユーロ(約17万円)を支援する。

改訂版 FIM世界耐久選手権2020年カレンダー

第1戦 (2019/9/21-9/22) ボルドール24時間耐久レース/フランス
第2戦 (2019/12/14)セパン8時間耐久レース/マレーシア
第3戦 (2020/7/19)鈴鹿8時間耐久ロードレーシ/日本
第4戦 (2020/8/29-8/30)ル・マン耐久24時間レース/フランス
第5戦 (2020/9/19-9/20)ボルドール24時間耐久レース/フランス

(Source: EWC)

(Photo courtesy of EWC)