ヤマハ発動機 BW’S125に新色「グレー」を追加して4月25日に販売

ヤマハ発動機 BW'S125に新色「グレー」を追加して4月25日に販売

ヤマハ発動機株式会社はBW’S125のカラーリングを変更して今月25日に発売を開始する。新色として追加されるのはグレーで、現行のイエローは継続となる。

〜以下プレスリリース〜

ヤマハ発動機株式会社プレスリリース

ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・124cm3エンジン搭載の原付二種スクーター「BW’S125(ビーウィズ125)」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして4月25日に発売します。

 新色の“グレー”は、ブラックのフェンダーやダークグレーのホイールを組み合わせ、クロスオーバーテイストを強めた、本格的なオフロードの走りを予感させるカラーリングとしました。なお、現行の“イエロー”は継続販売します。

 「BW’S125」は、SUVテイストが楽しめる走行性とファッション性を両立する都会のストリートコミューターです。左右非対称デザインのデュアルヘッドランプや立体感あるセンターカバーなど遊び心あるデザインでアクティブ感を演出しています。
 なお、製造は当社グループ会社ヤマハモーター台湾で行います。

名称発売日メーカー希望小売価格販売計画
BW’S125
・ダークブルーイッシュグレーソリッドC(グレー/新色)
2020年
4月25日
335,500円
(本体価格305,000円/消費税30,500円)
500台
(年間、国内)
・ビビッドイエローソリッド2(イエロー)継続販売

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

(Source: ヤマハ発動機)

(Photo courtesy of ヤマハ発動機)