MotoGP2020 来週ミサノでアプリリア、KTM、Ducati、スズキが合同テストに参加

KTMはホームグランドのレッドブルリンクで、アプリリアはミサノでそれぞれプライベートテストを行っていたが、来週ミサノで複数メーカーが参加するテストが開催される。

6月23日〜25日の日程でKTMとアプリリアがテストを行うが、両メーカーはコンセッション適用を受けるため、レースライダーでのテストが可能だ。KTMは移籍が取り沙汰されるポル・エスパルガロに加えて、ブラッド・ビンダー、ミゲル・オリヴェイラ、イケル・レクオーナが参加する。テストライダーのダニ・ペドロサは今回参加しない。

アプリリアはアレイシ・エスパルガロ、テストライダーのブラッド・ビンダー、ロレンソ・サヴァドーリが参加する。ライセンス停止処分中のアンドレア・イアンノーネはテストに参加出来ない。なお、Team SUZUKI ECSTAR(チーム・スズキ・エクスター)、Ducatiはテストチームがテストに参加することを認めている。ヤマハ、ホンダのテストについては、今のところ予定されているという話はない。

なお7月19日の開幕に向けて、ジャック・ミラーはオーストラリアからヨーロッパに6月末には移動するようだ。なお、7月15日には開幕戦の舞台であるヘレス・サーキットにおいて、3時間のMotoGP合同テストが開催される。

(Photo courtesy of michelin)