MotoGPクラス4メーカーによるプライベートテストが6月23日から開始

今日から開催されたミサノ・サーキットにおけるプライベートテストには、Ducati、スズキのテストチーム、KTMファクトリー、アプリリア・レーシングが参加。KTM、アプリリアに関してはコンセッション適用を受けるため、テストライダーではないレーシングライダーでのテストが可能だ。

Ducatiはミケーレ・ピッロ、スズキはシルヴァン・ギュントーリがテストに参加。KTMはポル・エスパルガロ、ブラッド・ビンダーが参加。テック3からはミゲル・オリヴェイラ、イケル・レクオーナがテストに参加している。

アプリリアはアレイシ・エスパルガロ、そしてテストライダーのブラッドリー・スミスが参加。スミスに関してはアンドレア・イアンノーネの開幕戦参戦が絶望的であることから、少なくとも開幕から数戦はアンドレア・イアンノーネの代わりに出場するはずだ。

(Photo courtesy of michelin, Ducati)