マルク・マルケス スペインGP決勝のハイサイドにより右上腕骨を骨折

マルク・マルケス

マルク・マルケスはターン4でのスーパーセーブの後に16位から3位まで信じられない追い上げを見せた。しかし残り4周というところでハイサイド。メディカルセンターに搬送されたマルクは外傷専門医のDr.ミルの診察を受け、その結果、右上腕骨の骨折と診断された。この後はバルセロナに移動し、火曜に手術を行う見通しだ。

MotoGP外傷専門医 Dr.ミル

「マルク・マルケスは転倒後にマシンのタイヤが右腕に当たったことで上腕骨を骨折しています。これは完全骨折(※骨が完全に分断されていること)で骨が完全に転移(※折れた箇所同士が離れていること)しているものではありません。もしかすると橈骨神経の多少の麻痺が考えられますが、バルセロナでさらなる治療を受けるため、現時点で腕を固定しています。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of HRC)