2日間のアラゴンテストでトップタイムを記録したのはアレックス・ロウズ

アラゴンで開催されたFIM スーパーバイク世界選手権(SBK)テストで最速タイムを記録したのは、カワサキのアレックス・ロウズだった。2位はマイケル・ファン・デル・マーク3位ジョナサン・レイ、4位レオン・ハスラム、5位スコット・レディング、6位チャズ・デイビス、7位トプラック・ラズガトリオグルとなっている。

2日間のテストで1:50秒を切ったのはアレックス・ロウズのみで、チームメイトのレイはニューパーツは試さずに、ひたすらセットアップを煮詰める作業を行った。ホンダはニューパーツを試しつつセッティングを進め、アルヴァロ・バウティスタは2日目のテストに参加していない。

なお、アラゴン戦は8月28日から30日にかけて開催される。

(Photo courtesy of KRT)