Ducati 2021年ラインナップを公表 ファクトリーチームはミラーとペッコ

Ducatiコルセは2021年のDucatiファクトリーチームのライダーとして、ジャック・ミラーのチームメイトにフランセスコ・バグナイアを起用したとアナウンスした。当初はヨハン・ザルコとファクトリーライダーの座を争っていたが、ここ数戦のペッコの活躍を見れば納得の結果と言えるだろう。

バグナイアはイタリア出身の23歳、現在はPramacレーシングから参戦している。生まれ年は1997年で2013年にMoto3クラスにデビュー。2017年にMoto2クラスにステップアップ、2018年にMoto2でタイトルを獲得している。2019年はMotoGPにPramacレーシングからデビュー。サンマリノGPで表彰台を獲得している。
フランセスコ・バグナイア

フランセスコ・バグナイア

「2018年にMoto2でタイトルを獲得するまえにDucatiライダーに選んでもらいました。今回もMotoGPクラスで名を知られる前にファクトリーライダーに選んでもらいました。Ducatiは他の誰よりも真っ先に自分の可能性を信じてくれたんです。」

「いかにしてここまで来たのかわかりませんが、もし可能なのであればMotoGPデビューの時からやり直したいですね。MotoGPデビューは楽なものはありませんでしたが、Ducatiは自分に疑問を持つことはありませんでした。」

「ルーキーが必要としているのは、チームからのサポートと信頼されることなんです。2019年Ducatiはこれを自分に与えてくれました。自分もまたDucatiの言うことを聞き、彼らを信じ、共に成長してきました。Ducatiは自分に満足の行く仕事の仕方を教えてくれましたし、これはまだ始まりに過ぎないと考えています。今日この日、自分は世界で1番幸せな人間でしょう。Ducatiのファクトリーライダーになるのは、かねてからの夢でした。」

「物事がうまくいかない時でも自分に信頼を置いてくれる人達と共に前進をすることができました。クラウディオ・ドメニカリ、ジジ・ダッリーニャ、パオロ・チャバッティ、ダヴィデ・タルドッツィに感謝を捧げたいと思います。家族のように迎えてくれたPramacレーシング、常に自分をサポートしてくれたVR46ライダーズアカデミーには感謝しかありません。」
フランセスコ・バグナイア

Ducat CEO クラウディオ・ドメニカリ

「Ducatiにとって、レースは進化を続ける最新技術が生まれる場所で、社の礎と言えるものです。研究開発に投資を続ける事は必要不可欠で、革新的であること、新しいものを採用することを恐れてはいけません。zですから、継続的に改善を続け、楽観的に将来に目を向けさせてくれる、若く才能にあふれるライダーをDucatiに迎えることにワクワクしています。」

「ペッコとジャックはDucatiデスモセディチGPのポテンシャルを発揮してくれています。両者が共に育ったPramacレーシングから2人がファクトリーチームに昇格する事は、パオロ・カンピノーティのPramacとのコラボレーションが非常に有効に機能していることに他なりません。

とは言え、現時点では今シーズンに集中をする必要があります。今シーズンに関してはアンドレアとダニーロにできる限り最高の結果を出してほしいと考えています。アンドレアはDucatiで8年目、3年連続でチャンピオンシップスタンディング2位となっています。

ドヴィツィオーゾは14勝を上げ、ストーナーに続いてDucatiで最も成功したライダーとなりました。ダニーロは表彰台獲得に向けて全力でレースに参戦しています。彼らとともに、素晴らしい旅路を最高の形で終えることができればと考えています。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin, Ducati)