未だ昏睡状態にあるファウスト・グレシー二 わずかに回復の兆候を見せる

未だ昏睡状態にあるファウスト・グレシー二 わずかに回復に兆候を見せる

クリスマス休暇前にCOVID-19への感染が明らかになり病院に入院しているAprilia Racing Team Gresiniのファウスト・グレシー二は、わずかに改善の兆候を見せているという。COVID-19の治療に特化したボローニャの病院に運ばれたグレシーニだが、チームによると血中酸素濃度が低いため、治療のために医療的な昏睡状態に置かれているようだ。

Aprilia Racing Team Gresiniの発表

「ボローニャのCarlo Alberto Pizzardi病院に搬送されたファウストグレシーニの状態はわずかに改善しています。病院に到着した当初の血中酸素濃度が低かったため、医療的な昏睡状態として、気管内挿管による酸素吸入の治療を受けています。」

「過去数時間のうちにわずかながら改善の兆しが見えているため、医師たちは徐々に意識を覚醒させるプロセスを開始しました。これは自発呼吸の再開に向けたプロセスとなります。さらなる詳細は追ってお知らせします。」

(Source: Aprilia Racing Team Gresini)

(Photo courtesy of Aprilia Racing Team Gresini)