ケヴィン・シュワンツ「ビニャーレスはヤマハで相当上手くいっていなかったんだろう」

ケヴィン・シュワンツ「ビニャーレスはヤマハで相当上手くいっていなかったんだろう」

ケヴィン・シュワンツは最近のインタビューで、マーべリック・ビニャーレスのヤマハでのシーズンが上手くいってなかったのだろうと語った。チームメイトのファビオ・クアルタラロが、ファクトリーチームに昇格してすぐに高い戦闘力を発揮している状況は、マーべリック・ビニャーレスにとって厳しい状況であることに変わりないが、トップチームであるヤマハファクトリーライダーの座を捨てて、2022年の契約を決めずにいることは驚きに映るようだ。

Advertisement
1993 – ケヴィン・シュワンツ

ケヴィン・シュワンツ

「マーべリック・ビニャーレスがヤマハの契約を途中で破棄するなんて驚きました。ヤマハでのレースは、我々が思う以上に上手くいっていなかったんでしょう。アレイシ・エスパルガロはアプリリアはトップに近い状況にあると語っていますが、彼はレースでは8位前後で完走していますから、トップに近いとは実際言えないわけです。」

「確かに自分のチームメイトが常にレースで優勝し、チャンピオンシップをリードしている状況は辛いでしょう。しかし、重要なのは自分の仕事に集中すること。1年が終わるまで、自分の最大限の力を発揮し続けることです。」

MotoGPカテゴリの最新記事