MotoGP2021アメリカズGP 3位フランチェスコ・バニャイア「出来る限り最大の走りだった」

MotoGP2021アメリカズGP 3位フランチェスコ・バニャイア「出来る限り最大の走りだった」

先週末はなにかと話題に上がることが多かったタイヤの問題に苦しんだフランチェスコ・バニャイアはリアタイヤのグリップに苦戦。しかし我慢の走りでペースを掴むと、後半から巻き返しを図り3位で完走した。途中でミラーがペッコを先に行かせるシーンがあったが、打ち合わせたものではないとのことで、良好なチームメイトの関係性を伺わせる。

Advertisement
MotoGP2021アメリカズGP 3位フランチェスコ・バニャイア「出来る限り最大の走りだった」

リアのグリップが序盤からなかった

フランチェスコ・バニャイア

今日のレースはマルクとファビオのほうがスピードがありました。今日は出来る限り最大の走りでしたし残念がる必要はないと思います。ポールポジションも獲得していますが、今日の表彰台は別の意味があると思います。

リアのグリップが実は序盤から感じられずにいて、表彰台の2人と話をしたところ、2人はミサノで同じ問題があったと話していました。逆にミサノでは自分のタイヤは完璧だったんです。しかしレースですから、こういうこともあるでしょう。

「その後自分の前の選手達が苦戦し始めてチャンスがあると感じました。こうして表彰台を獲得出来たことは嬉しいです。ファビオの差は拡大していますが、仕方がありません。今年は夏休み明けから素晴らしいレースが出来ていますし満足です。」
MotoGP2021アメリカズGP 3位フランチェスコ・バニャイア「出来る限り最大の走りだった」
「今日はレースの中でジャックが譲ってくれましたが、彼には1周につき0.5秒以上速いペースで迫っていたんです。今日の走りは打ち合わせたものではなく、チームからの指示もありません。彼の判断によるものです。彼を抜くために無理をせずに抜かせてくれましたし、彼には感謝を伝えています。彼とは今までも助け合ってきましたが、本当に良好なチームメイトの関係が出来ていると思いますね。

「ホルヘ・マルティンは速かったですね。しかし彼は既にブレーキングで苦戦していましたし、いずれにしても彼を抜くことは出来たでしょう。ルーキーにとってこのトラックは簡単なトラックではありませんからね。」

ファビオ・クアルタラロは素晴らしいレースを今年していますが、自分は自分のベストをミサノで尽くします。夏休み前は少し方向性を失ったものの、自分も夏休み明けから戦力を発揮することが出来ています。良い仕事が出来ていると思いますよ。」

(Source: michelin)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事