MotoGP2022イタリアGP 6位ルカ・マリーニ「表彰台争い出来ないとは思っていたが、ベストを尽くして走行出来た」

MotoGP2022イタリアGP 6位ルカ・マリーニ「表彰台争い出来ないとは思っていたが、ベストを尽くして走行出来た」

MotoGP2022イタリアGP 6位ルカ・マリーニ「表彰台争い出来ないとは思っていたが、ベストを尽くして走行出来た」ルカ・マリーニもチームメイトのマルコ・ベッツェッキ同様に序盤にトップ付近を走行。レース終盤になっても安定した走行を披露した。レース前からトップ3で戦うにはペースが不足していたと語る通り、後半はトップライダー達に抜かれたものの、6位完走という結果を残している。

Advertisement

大きく前進することが出来た

ルカ・マリーニ

「今回の走行は優勝、そして表彰台争いに向かって大きく前進することが出来たと思います。これは過去数戦にチーム全体で取り組んできたことの成果だと思います。トップ3で戦うには足りない部分があるとわかっていましたが、ホームGPのファンの前でベストを尽くして走行することが出来ました。」

MotoGP2022イタリアGP 6位ルカ・マリーニ「表彰台争い出来ないとは思っていたが、ベストを尽くして走行出来た」

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事