★Ducati 210馬力のV型4気筒 デスモセディチSTRADALEエンジンを発表

★Ducati 210馬力のV型4気筒 デスモセディチSTRADALEエンジンを発表

ミサノにおいてDucatiが新しいV型4気筒エンジン「デスモセディチSTRADALE」を公開しました。MotoGPエンジンをベースとしてデザインされたエンジンであり、排気量は1103cc、最大馬力210馬力、最大トルク120Nm、楕円形のスロットルボディ、逆回転クランクシャフトを採用しています。驚愕のスペックもさることながら、ストリートモデルとして1103ccという排気量設定となっているということは、4気筒の場合は1000ccというWSBKのレギュレーションを満たすためのレース参戦用エンジン、ホモロゲーション取得用モデルが別途ラインナップされるのであろうことも伺えます。

MotoGPで得られた経験から開発された新型90°V4エンジンは、Ducatiのスポーツレンジの最高峰モデルのためにデザインされました。このエンジンはデスモセディチSTRADALEと呼ばれ、Ducatiにとってマイルストーンとなるエンジンです。

Ducatiは完全に新しい独特なプロジェクトでもって新たな章の幕開けを迎えました。デスモセディチSTRADALEのスタートポイントは、MotoGPで使用されているV4エンジンのシリンダーヘッドです。デスモセディチSTRADALEはデスモセディチGPと同じディメンション、ジオメトリーを持ち、DucatiのMotoGPマシンと同様の比類なきダイナミズムを実現します。またエンジン型式もMotoGPマシンと同様の90°V4となっています。

エンジンは後傾角度が42°となっており、このソリューションが新型のDucatiエンジンを極限までコンパクトにしています。そして、これがマシンのマスの集中化を実現しています。Ducatiの競技用バイクのエンジンとして、クランクシャフトは逆回転となっています。これがホイールによって生み出されるジャイロ効果を減少させることで、方向転換の際にバイクはより速く軽快に動くようになります。

このソリューションは同様にマシンのウイリーを減少させ、同様にブレーキング時のリアホイールの浮き上がりをも減少させます。クランクピンは70°オフセットしており、これによってツインのパルス感をエンジンに与え、独特のサウンドを生み出しています。

同様にコントロールが容易なパワーを生み出しており、コーナー脱出加速時の豊富なトラクションを持っています。デスモセディチSTRADALEエンジンは疑いようなくトラック走行に向いたエンジンですが、同様に一般道を走るライダーを満たすようにもデザインされています。

例えば最大化された中間トルクは、公道を走る上での満足感には欠かせないものです。そして低回転時のパンチのあるトルク、そしてパワーなどもそうです。排気量はMotoGPエンジンよりも僅かに大きく(1103cc)Euro4に準拠したエンジンは155kW(210馬力)を13,000回転で発生し、最大トルク120Nmを8,750回転から12,250回転で発生します。

デスモセディチSTRADALEエンジンはデスモドローミックシステムを採用し、これが1シリンダーにつき4つのバルブをコントロールしています。そしてこの技術がMotoGPにおいて最速のDucatiプロトタイプマシンを作り上げる鍵となりました。この高回転型エンジンに使用されているデスモシステムが、Ducati以前には見られなかった、洗練され、軽量でコンパクトなエンジンを作り上げたのです。

エンジンはMotoGP同様に81mmのシリンダーボアという規定で作られていますが、これはMotoGPのレギュレーションで上限として定められているものです。そしてこのボアサイズは4気筒エンジンとしての最大径でもあります。

デスモセディチGPと同様のボアサイズを採用することで、両者はほぼ同一のエンジンフルードダイナミクスを有していることとなります。(バルブ、吸気ダクト、スロットルボディなど)

スロットルボディは可変長インテークファンネルを持ち、エンジンの回転レンジに応じてインテークファンネルの長さが変化します。これによってパワーデリバリーとハンドリングに大きなメリットがあるのです。

スロットルボディは楕円形となっており、それぞれに2つのインジェクターが装備されています。
これは1つはバタフライの上、そしてもう1つはバタフライの下に位置しています。

この技術パッケージはMotoGPから生まれたもので、日常の耐久性という視点であらたに開発されたものです。デスモセディチSTRADALEエンジンはDucatiのユニークさの象徴であり、その性能、技術的解決策は、他には見られないものとなっています。

デスモセディチSTRADALEエンジン 主要諸元

排気量:1,103 cm³ 4気筒90°V型エンジン
ボア x ストローク:81 x 53.5 mm
圧縮比:14:1
最大馬力:210馬力/13,000回転
最大馬力:120 Nm/8,750から12,250回転
Euro4適合
デスモドローミック機構採用/1気筒あたり4バルブ
逆回転クランクシャフト/クランクピンオフセット70°
湿式クラッチ
楕円形状4スロットルボディ(52mm相当)/可変長インテークファンネル
6速ギアボックス/Ducatiクイックシフト(上下)
24,000kmでのデスモサービス


(デスモセディチGPのエンジンとデスモセディチSTRADALE)


(デスモセディチGPのエンジンとデスモセディチSTRADALE)

(Photo courtesy of Ducati)

<Ducati プレスリリース>

Ducatiカテゴリの最新記事