★ヤマハ発動機の大ファン日本画家が描いた「MT-07」「MT-09」を企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて展示開始

「MT-07」「MT-09」の日本画を静岡県磐田市にあるヤマハ発動機の企業ミュージアム『コミュニケーションプラザ』で展示しています。「MT-07」「MT-09」の日本画を静岡県磐田市にあるヤマハ発動機の企業ミュージアム『コミュニケーションプラザ』で展示しています。

描かれた車両は原寸大に近く、バイクの金属部品を描いた所には金属箔が貼られている部分もあり、光沢感が美しく感じられます。

Sponsored Link

ヤマハ発動機は、静岡県磐田市の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて、ヤマハファンから寄贈された日本画の展示を始めました。

寄贈作品は、日本画家である富元秀俊さんによって描かれ、2014 年と2015 年の日展(日本美術展覧会)で入選を果たした「MT-07」「MT-09」の作品2点です。

描かれた車両は原寸大に近く、横2m27cm × 縦1m82cm (サイズは150 号)、背景の黒い部分は泥が跳ねているイメージを、四角いタイル状の背景は都会的なイメージを表現しています。バイクの金属部品を描いたところには金属箔が貼られている部分もあり、光沢感が美しく感じられます。製作には1作品あたり2~3ヶ月を費やし、総製作費は最新のヤマハバイク「MT-10」が買えるほど。

ヤマハ発動機の大ファンで、YSP伏見が行きつけのバイク店であるという富元秀俊さんは、「もともと風景などを描いていたが、絵を描くよりもバイクに乗るほうが好きなので、ヤマハのバイクの絵を描き始めた。」とのこと。

ぜひ、この機会に企業ミュージアム 「コミュニケーションプラザ」へ作品を観にいらして下さい。たくさんの方のご来館をお待ちしております。

「MT-07」の日本画家(日展入選作品)


「MT-09」の日本画(日展入選作品)


日本画製作中の富元さん

<富元秀俊さんプロフィール>

富元秀俊(トミモト ヒデトシ)/ 日本画家
1987年大阪府生まれ。2011年京都市立芸術大学大学院を修了し、日本美術展覧会を中心に美術館や画廊など国内外で作品を発表。ヤマハバイク歴はBJ、YBR125、MT-09、トリッカー。

<作品展示場所>

コミュニケーションプラザ2階ライブラリ脇
<コミュニケーションプラザへのお問い合わせ先>
電話番号:0538-33-2520
関連URL:https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link