★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果

カタルーニャGP決勝結果です。決勝レースは路面温度54℃という環境で行われました。この状況を制したのは2戦連勝となってドヴィツィオーゾ選手でした。2位はマルケス選手、3位はペドロサ選手が獲得しています。

Sponsored Link

この厳しい温度の中で選手達のタイヤ選択は別れ、前後共にハードを履いたのはロレンソ選手、ペトルッチ選手。フロントハード、リアにミディアムを履いたのがペドロサ選手、マルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手でした。

ホールショットはポールポジションからスタートしたペドロサ選手が奪い、スタートでペトルッチ選手がマルケス選手に横から激突します。その後ロレンソ選手がトップに立ちレースをリード。残り20周の時点でマルケス選手がトップに浮上、ペドロサ選手、ロレンソ選手が後に続きます。

残り18周で再びペドロサ選手がトップに浮上し、良い位置で走行していたアレイシ・エスパルガロ選手はマシントラブルでリタイア。その後レースは大きな動きがありませんが、ロレンソ選手がずるずると順位を落とします。

レースはペドロサ選手の後ろでタイヤを温存していたドヴィツィオーゾが残り9周で余裕を持ってオーバーテイクしたことで大きく動き、ドヴィツィオーゾ選手はここから差を広げ、マルケス選手もペドロサ選手をオーバーテイク。

その後調子を取り戻したロレンソ選手が猛烈に追い上げ、ザルコ選手、ペトルッチ選手を次々にオーバーテイクして4位まで浮上。しかしこの時点でペドロサ選手との差は大きく、そのまま4位でレースを終えます。良い位置にいたペトルッチ選手は残り2周で無念の転倒リタイアとなりました。

ロッシ選手は追い上げに追い上げて8位。同じくビニャーレス選手は10位でレースを終え、チャンピオンシップにおけるダメージを最小限に留めました。

なお、5位はザルコ選手、6位フォルガー選手、7位バウティスタ選手、バルベラ選手が9位となっています。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★MotoGP2017カタールGP FP1結果
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「何か大きな変更が必要」
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自分達のベストを尽くす」
★MotoGP2017アメリカGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ インタビュー「Ducatiへの移籍は自分のため」
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ「Ducatiの乗り方を理解した後は、他の誰よりも前に行ける」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「良い仕事が出来るはず」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★MotoGP2017 5/23時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「小さな違いが大きな違いを生み出す」
★MotoGP2017ドイツGP ロレンソ「再びポジティブなフィーリングを見つけることが重要」
★MotoGP2017ドイツGP 2位フォルガー「今日のレースは今までの優勝よりも嬉しい」
★MotoGP2017ビニャーレス「電子制御のセットアップに関して混乱がある」
★MotoGP2017 フランコ・モルビデッリ「まずはMoto2でチャンピオンシップ優勝することが目標」
★MotoGP2017アルバロ・バウティスタ 契約更新の思いを語る
★MotoGP2017チェコGP ミケーレ・ピッロ「新型フェアリングがロレンソの助けとなる」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ チェコGPプレビュー
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「雨が降っても表彰台争いが出来る」
★MotoGP2017チェコGP 優勝マルケス「このチャンピオンシップは長い戦いになる」