★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果

カタルーニャGP決勝結果です。決勝レースは路面温度54℃という環境で行われました。この状況を制したのは2戦連勝となってドヴィツィオーゾ選手でした。2位はマルケス選手、3位はペドロサ選手が獲得しています。

Sponsored Link

この厳しい温度の中で選手達のタイヤ選択は別れ、前後共にハードを履いたのはロレンソ選手、ペトルッチ選手。フロントハード、リアにミディアムを履いたのがペドロサ選手、マルケス選手、ドヴィツィオーゾ選手でした。

ホールショットはポールポジションからスタートしたペドロサ選手が奪い、スタートでペトルッチ選手がマルケス選手に横から激突します。その後ロレンソ選手がトップに立ちレースをリード。残り20周の時点でマルケス選手がトップに浮上、ペドロサ選手、ロレンソ選手が後に続きます。

残り18周で再びペドロサ選手がトップに浮上し、良い位置で走行していたアレイシ・エスパルガロ選手はマシントラブルでリタイア。その後レースは大きな動きがありませんが、ロレンソ選手がずるずると順位を落とします。

レースはペドロサ選手の後ろでタイヤを温存していたドヴィツィオーゾが残り9周で余裕を持ってオーバーテイクしたことで大きく動き、ドヴィツィオーゾ選手はここから差を広げ、マルケス選手もペドロサ選手をオーバーテイク。

その後調子を取り戻したロレンソ選手が猛烈に追い上げ、ザルコ選手、ペトルッチ選手を次々にオーバーテイクして4位まで浮上。しかしこの時点でペドロサ選手との差は大きく、そのまま4位でレースを終えます。良い位置にいたペトルッチ選手は残り2周で無念の転倒リタイアとなりました。

ロッシ選手は追い上げに追い上げて8位。同じくビニャーレス選手は10位でレースを終え、チャンピオンシップにおけるダメージを最小限に留めました。

なお、5位はザルコ選手、6位フォルガー選手、7位バウティスタ選手、バルベラ選手が9位となっています。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 データから見るカタールテスト3日目
★MotoGP2017アルゼンチンGP 2位ロッシ「チームにも自分にも良い結果になった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP フォルガー「ザルコがターゲット」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★MotoGP2017ミシュラン アメリカGPプレビュー
★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選7位ロッシ「ホンダのパフォーマンスが高いのが気がかり」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「ムジェロはヤマハに合っている」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017ドイツGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」
★The Land of Joy @ Ducati Japan Network
★MotoGP2017チェコGP リンス「力強さを感じる。フィジカル面でも良い状態」
★MotoGP2017オーストリアGP FP3結果
★MotoGP2017アラゴンGP FP2結果
★MotoGP2017アラゴンGP予選3位 ロッシ「1列目を獲得出来たのは驚き」
★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」
★MotoGP2017マレーシアGP ロレンソ「コーナーでタイムを失っている部分が大きい」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー アンドレア・ドヴィツィオーゾ
★2018年のMotoGPの見どころ(その4) 2018年シーズンは成功が絶対条件のロレンソ