★「E-KIZUNA Project 協定」に基づくヤマハ発動機・さいたま市の連携について

ヤマハ発動機株式会社とさいたま市は、「E-KIZUNA Project」の推進のため、本日、以下の内容について、共同で取り組むことに合意しました。 取組内容の詳細は、今後両者で協議の上決定し適宜公表していきます。また、両者は同プロジェクト推進に必要な新たな取組についても検討を続けます

1.連携重点項目

■電動二輪車(EVバイク)普及策の検討
 環境に優しく、音が静かで、給油不要なEVバイクを、「将来の可能性を秘めた次世代モビリティ」と認識し、
 ①EVバイクの効果的なPR方法と乗車体験機会の提供
 ②EVバイクを活用した新しいビジネスモデルの構築
について検討していきます。

Sponsored Link

2.連携主要項目

■充電セーフティネットの構築
 ・既存インフラを活用したEV充電サービスの検討
 ・着脱式バッテリーの特長を活かした新たなセーフティネットの検討

■需要創出とインセンティブの付与
 ・EVバイクを活用したモビリティーサービスの検討
 ・公用車、商用車等へのEVバイク利用促進の検討

■地域密着型の啓発活動
 ・EVバイク試乗会、安全運転講習会などの開催の検討
 ・親子体験教室などを通じた、子供への安全運転啓発の検討


「E-KIZUNA Project協定」締結式
(左)ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 柳弘之
(右)さいたま市長 清水勇人

<ヤマハ発動機プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★KTM、Husqvarna(ハスクバーナ)のデザインを行うKISKAがインターン募集中!
★ル・マン24時間耐久 開始3時間でのトップはYARTヤマハオフィシャルEWCチーム
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★BMWモトラッドUSA 2018年モデルのR nineT Urban G/Sの価格を発表
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ビニャーレス「レースと全く違う結果だった」 
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「天候が読めないのでトップ10に入れたのは良かった」
★MotoGP2017ブルノテスト ビニャーレス「バイクから再び良いフィーリングが得られた」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選7位ロッシ「2番目に履いたタイヤが機能しなかった」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「快適に走る事が出来ている」
★MotoGP2017アラゴンGP予選1位 ビニャーレス「序盤から最後までプッシュすることが重要」
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「こんな状態ではタイトル争いは出来ない」
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選7位ロッシ「何らかの作業が必要」
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロッシ「ヤマハはやるべきことが沢山ある」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー ヨハン・ザルコ
★ブレンボ 純正装着のPR16ラジアルマスターシリンダーに関する大規模リコールが発覚
★2018年のMotoGPの見どころ(その1) モビスターヤマハは再びトップレベルの戦いが出来るのか?
★MotoGP2018 マーべリック・ビニャーレス「あと2年ヤマハで走る」
★オートバイ用品専門店「バイカーズ菊陽2りんかん」3月2日(金)オープン
★MotoGP2018アメリカGP 予選5位ロッシ「1列目のポテンシャルがあると思っていた」