カタールテスト3日目 カル・クラッチロー「フロントエンドのフィーリングが悪い」

昨日はHRCからの要望に基づくテストを進めていたと思われるクラッチローは、3日目に自分のためのテストを行った様子。フロントエンドのフィーリングがマレーシアから良くないというのは、2019年型のRC213Vに関して問題となりそうなコメントです。

3日目17番手 カル・クラッチロー

「昨日はあまり時間が取れなかったので今日は時間を取ってバイクのテストを行いました。1台のバイクで集中して作業を行っていたんですが転倒してしまい修復に時間がかかりました。今日はテストしたい内容に集中してラップタイムは全く追っていません。全体的なポジションに関しては今日はあまり気にしていません。」

「フロントに関してはマレーシアであまりフィーリングがなくて、今回もそれは変わっていません。バイクは自分が望んだとおりには旋回してくれません。この部分の改善に注力してはいるんですけどね。他の部分との兼ね合いもあるんですけど、ホンダにとってはブレーキング、そこからの旋回性というのは強みなので、その部分を取り戻す必要があります。エンジンに関しては良い感触です。他のライダーがどう感じているかはわかりませんが、これが自分のフィーリングです。」

(Source: LCR)

(Photo courtesy of michelin)