やはり負傷していたロレンソ カタールでのハイサイドで右側第一肋骨に亀裂

カタールGPのFP3でハイサイドから激しく地面に叩きつけられたホルへ・ロレンソですが、さらなるメディカルチェックの結果、右側第一肋骨に亀裂が入っていることが明らかになりました。ロレンソはカタールGPでFP4、Q1を走行し、さらに決勝レースも出走して13位を獲得しています。

ロレンソはアルゼンチンGPへの出場を表明していますが、残りはあと3週間。ロレンソは昨年のアラゴンGPで右足爪先部分を脱臼、第2中足骨を骨折しています。さらにその後タイではマシントラブルで激しく転倒。開幕前の1月には左手首舟状骨を骨折しており、怪我が続いています。アルゼンチンGPでももともと完調での走行は出来ない状態でしたが、さらに怪我を重ねる結果となってしまいました。

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)