MotoGP2019チェコGP ロッシ「バイクを限界で走行させるセッティングを見つける必要がある」

前半戦に思うような結果を残せなかったロッシ。マーべリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロは結果を出している以上、自分自信がバイクのポテンシャルを引き出せるようにしないと駄目と語るが、同時にパッケージとしての改善も必要だとしている。ホンダ、Ducatiと比較して劣る部分があるのは確かだけに、ここを来年に向けて改善していけるかが問われる。

バレンティーノ・ロッシ

「しっかりとバッテリーを充電してきました。前半戦は思うような結果を残せなかったですし、期待していた結果でもありませんでした。ヘレスあたりから、マーべリック、ファビオが戦闘力を発揮していますから、バイクの戦闘力は高いのだとは思います。問題はバイクの限界で走行するために正しいセッティングを見つけるということです。昨年はフロントローからのスタートでしたが、TOP3名が速く表彰台は無理でした。アプローチの問題かもしれませんが、スピードを発揮出来ていません。バイクを最大限で走らせることが必要なんです。」

「ブルノはワイドで高速なサーキットです。MotoGPで走行するのが非常に楽しいトラックでもあります。月曜のテストの関しては現時点では何があるかわかりません。マーべリックが言うように、レースが今は重要です。電制、エンジンなどトータルパッケージが重要でパッケージとしての改善が必要なんです。」

(Source: yamaha-racing)

(Photo courtesy of michelin)