MotoGP2019イギリスGP ジョアン・ミル「次のレースに万全の体調で挑みたい」

病院から退院しているジョアン・ミルだが、肺挫傷の回復具合が思わしくないため、今週末のイギリスGPを欠場する。怪我の後にしっかりとトレーニングが出来ていないこともあり、体力も落ちている状況だと言う。なお、代役としてはテストライダーのシルヴァン・ギュントーリが出場する。

これはドクターとミル、チームによる意思決定で、ドクター・アンヘル・シャルテは、さらなる検査の結果として異常は認められないが、まだ回復段階であることを踏まえ、ミルに急いでトラックに戻る必要はないと伝えた。

ドクター・アンヘル・シャルテ

「検査の結果、まだ肺挫傷の影響が多少なりとも残っていることがわかりました。ですから、安全を考えて無理に復帰をするのでなく、まずは体調を100%にすることが必要だと考えます。ミルは肺活量をしっかりと回復させる必要があります。そして同時に彼の体を元の状態に戻すことが必要です。そのためには、ウォーキング、ランニング、登山、徐々にバイクに乗ることをスタートしていくことが必要でしょう。」

ダヴィデ・ブリビオ

「ジョアン・ミルが今週末のレースを欠場するのは残念です。しかし彼が体をしっかりと治して100%の体調でレースに参戦することが必要だと理解しています。今後のミサノテストは、彼が体調を確認するには最高の機会となるでしょう。出来ることならば、ミサノの週末に彼が100%の体調でレースに戻ってこれると良いですね。今週末はジョアンの代わりにシルヴァンが走行しますが、これは素晴らしい情報収集の機会となるはずです。」

ジョアン・ミル

「シルバーストーンに参戦することが出来ず本当に残念です。しかし最も優先すべきは体調を戻すことです。転倒の後に数週間体を休めています。まず病院で過ごした後、自宅で療養しています。歩行は出来ていますが、テストの後はまだ100%とは言えない状況です。ですからドクターは今回レースをスキップして、体調を戻すことを優先したほうが良いという意見でした。これからトレーニングを開始し、リスクを犯さずに次のレースに向けてより良い体調でレースに挑みたいですね。治療を担当してくれる人々、スズキチーム、多くのファンの献身的なサポートに感謝したいと思います。」

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of suzuki-racing)