ホンダ EICMAで2020年型SH125iを発表

SH125i

SH125iは2020年モデルでさらにパワフルになったエンジン、新しいスタイルを採用。新しくなったフレームによってハンドリング向上し、既存モデルよりも50%も荷室容量が増加し28Lの収納スペースを有している。さらにUSBチャージャー、スマートキー、モデルによってはスマートトップボックス、ウインドスクリーンなどを採用する。

SH125i

SH125i

SH125i

エンジンはEuro5に適合、トップエンドパワーと加速性が向上し、優れた燃費効率を実現する。ホンダ・セレクタブル・トルクコントロール、アイドリングストップも標準装備となった。リアサスペンションはジオメトリーを最適化している。

ラインナップはスタンダード/スマートトップボックス装着車/スマートトップボックス、ナックルガード、ウインドスクリーン装着車/スタンダードボックス装着車/スタンダードボックス、ナックルガード、ウインドスクリーン装着車となる。

SH125i with standard top box, knuckle guards and windscreen.

SH125i

SH125i
SH125i

SH125i諸元

エンジン:水冷4ストローク単気筒 エンジン
排気量:124.8cc
ボア x ストローク:53.5 x 55.5
圧縮比:11.5:1
最大出力:9.2kW/8,250rpm
最大トルク:11.4Nm/6,500rpm
フレーム:チューブレススチールアンダーボーン
フロントタイヤサイズ:100/80-16 inch
リアタイヤサイズ:120/80-16 inch
全長:2,085mm
全幅:740mm
全高:1,129mm
シート高:799mm
ホイールベース:1,353mm
最低地上高:142mm
車重:134kg
燃料容量:7L

SH125i

SH125i

(Source: Honda)

(Photo courtesy of Honda)