ホンダ EICMAでCB1000RRに新色を追加して発表

CB1000RR

ホンダのネオスポーツカフェネイキッドのフラッグシップであるCB1000RRは、2018年の登場から世界で様々なカスタムが誕生した。2020年モデルでは新色を採用している。

CB1000RR
CB1000RR

CB1000RR
CB1000RR

CB1000RR

CB1000RR諸元

エンジン:水冷4ストローク4気筒エンジン
排気量:998cc
ボア x ストローク:75mm x 56.5mm
圧縮比:11.6:1
最高出力:107kW @ 10,500rpm
最大トルク:104Nm @ 8,250rpm
フレーム:スチールモノバックボーン
フロントサスペンション:Showa SFF-BP
リアサスペンション:Showa BRFC
フロントタイヤサイズ:120/70 ZR17
リアタイヤサイズ:190/55 ZR17
全長:2120mm
全幅:789mm
全高:1090mm
シート高:830mm
ホイールベース:1455mm
最低地上高:135mm
車重:212kg
燃料容量:16.2L
カラーリング:Candy Chromosphere Red/Graphite Black/matt Pearl Glare White

(Source: Honda)

(Photo courtesy of Honda)