アプリリア セパンテストでマックス・ビアッジ起用の可能性を示唆

アンドレア・イアンノーネの尿Bサンプルからもステロイドが検出されたことで、アプリリアは2月7日から開催となるセパンテストでの代役を探す必要が出てきている。

セパンテストでイアンノーネ代役の候補は3名

アプリリアが明らかにしている内容によると候補は3名で、昨年までAvintiaで走っていたカレル・アブラハム、アプリリアのMotoGPテストライダーでもあるロレンソ・サヴァドーリ、そしてMoto3でチームを運営しているマックス・ビアッジだ。

アンドレア・イアンノーネの2020年シーズン参加は不透明

イアンノーネの尿サンプルから検出されたのはドロスタノロンだと考えられており、アジア市場で流通している食肉から摂取した可能性があると弁護側は主張、国際規律法廷(CDI)が開催する公聴会に挑むようだ。

現時点ではアンドレア・イアンノーネがセパンテストに参加出来る可能性は低く、公聴会でもステロイド使用疑惑を晴らせなかった場合、2020年シーズン自体の参戦、選手生命の危機を迎える。

アンドレア・イアンノーネが2020年に参戦出来ないとなった場合、アプリリアと既に契約があるテストライダーのブラッドリー・スミスがレギュラーライダーへと昇格、テストライダーにカレル・アブラハムを起用する可能性が最も高いだろう。

(Source: aprilia)

(Photo courtesy of michelin)