MotoGPバイクのスペックは2021年末まで変わらない

マルク・マルケス

ドルナ、MSMA、IRTA、FIMの合意の下、MotoGPバイクのエンジン、エアロダイナミクスの開発は2022年シーズンまで凍結されることが決定した。これは未だにシーズンが開幕出来ない2020年の影響が2021年シーズンに及ぶということに加え、各国の経済が低迷する中で、厳しい経済状況の各メーカーにとっても嬉しいニュースとなる。

2020年スペックは2021年末まで引き継がれる

エルベ・ポンシャラル

全会一致で、2020年のMotoGPバイクのスペックを2021年シーズン終了時点まで変えないということで合意しました。これは厳しい景気の影響を受ける各メーカーにとってはマシン開発のコスト削減という意味で大きなコスト削減になります。」

「同様に、各(サテライト)チームにとっても2020年と2021年の車両が同じであるということで、マシンのリース料が安くなるという意味で良い影響があります。コンセッションルールの下では、KTMとアプリリアはマシン開発を進めることが可能ですが、各メーカーにとって今、最も重要なのはいかに資金を使わないか、倒産を防ぐかということです。

「さらなる開発には資金が必要です。今さらに資金を投入したいメーカーはいないでしょう。誰もが出来る限りの開発を凍結し資金をセーブしたいと思っているわけです。企業としての存続のためにじっと耐え忍ぶ必要があるはずです。」

(Photo courtesy of michelin)