ラズラン・ラザリ「2020年シーズンが開催されない場合、2021年ファビオはペトロナスで走る」

ファビオ・クアルタラロ
ファビオ・クアルタラロ

もしMotoGPが今年開催されない場合、2021年のチームは2020年のままでシーズンを開催するべきだと、ペトロナス・ヤマハ・SRTのラズラン・ラザリが語る。また、将来的なチーム体制については噂されるロッシ、ロレンソ体制ではなく、あくまでも若手を獲得したいとしている。

2020年シーズンが開催されない場合、2021年はファビオ・クアルタラロと共に参戦したい

ラズラン・ラザリ

「もし2020年にレースが開催されない場合、どういうことになるのか話し合う必要があります。私の希望としては2020年のチーム体制のままで2021年も参戦したいと思っていますし、そうすべきだと考えています。
ファビオ・クアルタラロ
「私達は今年ファビオ・クアルタラロと過ごす最後の1年というつもりでしたから、2020年にレース開催されない場合、当然ながら2021年はファビオとフランコというライダーで参戦する理解でいます。

「昨年のファビオの走りに加えて、今年彼はファクトリースペックのバイクを使用しますし、テストの結果も素晴らしかったですからね。今年彼は間違いなくチャンピオンシップ争いに参加するでしょうし、我々も彼には年間ランキング2位、数回の優勝を期待しています。」

2020年シーズンが開幕したとして、2021年に関してはフランコが良い成績を2020年に残してくれれば、彼がチームに残るでしょう。もしそうでなければ、Moto2チームのシャビ・ビエルへを考えていますし、それ以外にMoto2から2、3名の候補を考えています。

チームとしての優先度は若い才能ある選手を獲得することです。バレンティーノ・ロッシのことは理解していますし、ロレンソが現役復帰するような話もありますが、それについて話し合っていません。いずれにしてもチームとしての優先度は若いライダーを育てることです。」
ファビオ・クアルタラロ

(Source: sepang racing team)

(Photo courtesy of michelin, sepang racing team)