ペトロナス・ヤマハ・SRT ラズラン・ラザリ「2021年前半は浮き沈みの激しいシーズンだった」

ペトロナス・ヤマハ・SRT ラズラン・ラザリ「2021年前半は浮き沈みの激しいシーズンだった」

ペトロナス・ヤマハ・SRTのラズラン・ラザリは、2021年前半を振り返って、難しいシーズンだと語る。昨年安定した成績を残したフランコ・モルビデッリは苦戦、そして膝の怪我に苦しみ、夏休み中に膝の手術を受けたものの、復帰はミサノ戦以降になる見込みだ。

なお、オーストリア戦ではテストライダーのカル・クラッチローが代役参戦を行う可能性が高い。2022年のラインナップについては、バレンティーノ・ロッシの返答がまだ帰ってきていないこともあり未定だとするが、現時点のロッシの成績を考えると、これからの若手を走らせたいというのが本音だろう。

Advertisement
MotoGP2021カタルーニャGP 初日総合2位フランコ・モルビデッリ「既に良いベースは出来ている」

2021年は思った形では進んでいない

ラズラン・ラザリ

「今年の前半戦を振り返ると、各クラス合計で6人のライダーがいるので一概にまとめるのは難しいですが、浮き沈みの激しいシーズンだったと思います。MotoGPクラスでは、2020年にフランコ・モルビデッリがライダーズランキング2位でしたが、参戦当初から2年間で好成績を収めていただけに、今シーズンは苦戦したと言えますし、2021年は全くもって望んだ形では進んでいません。」

「フランキーは開幕戦でマシントラブルに見舞われましたが、ヘレスでは力強い走りを見せ、チームにとって今年最初の表彰台を獲得しました。残念ながら、その後は膝の問題が悪化し、最終的には手術をすることになってしまいました。これは、チームの残りシーズンに向けての意欲を削ぐニュースですが、彼が再び力強く戻ってきてくれることを期待しています。」

「開幕戦でのバレンティーノ・ロッシの予選内容の良さ、最近のレースでも調子が良いところを見ることができていますが、引き続き難しい状況であることは理解しています。いずれにせよ、後半戦も全力で彼をサポートしていきます。現在のMotoGPはシーズンの中でも最もタイトなチャンピオンシップであり、わずかな差がトップに立てる可能性を分けます。前半は難しい状況が続きましたが、チームとしては、ライダーが最高の状態で各ラウンドを戦えるよう、最大限のサポートをしていきます。」
MotoGP2021カタルーニャGP 初日総合2位フランコ・モルビデッリ「既に良いベースは出来ている」

フランコ・モルビデッリの復帰はミサノ以降

「フランキーは手術から順調に回復しており、次回の復帰で100%の状態にしておきたいということですから、 レースに復帰するのはミサノ以降になるでしょう。彼が大好きで、よく知るコースですから、復帰するには良い場所でしょう。彼が完全に回復したと感じてから復帰することを、我々は引き続き願っています。」
MotoGP2021 ドイツGP14位バレンティーノ・ロッシ「終盤はグリップが無くなってしまった」

2022年のラインナップはまだ未定

「2022年のチームラインナップについては、バレンティーノ・ロッシとヤマハの決定を待っている状態です。例年この時期のMotoGPライダーズマーケットに関する最新のニュースは、あらゆる可能性を広げてくれるものです。これはヤマハと我々、そして現在のMotoGPライダーたちとの間で継続的に行われている議論であり、急いで何かを発表する類のものではありません。」

「多くのライダー、そして現在MotoGP選手権に参加していないライダーからも、我々のチームで走りたいという関心が寄せられています。我々には時間があり、選択する余裕があると思います。ヤマハが提供できるパッケージや、若いライダーが我々のチームの一員として何ができるかは誰もが知っています。」

「フランコ・モルビデッリ、ファビオ・クアルタラロがそうだったように、私たちには若いライダーに夢を実現する機会を提供するための体制、パッケージがあります。今もらっている関心の中から、しっかりと時間をかけて判断したいと思います。この先の数戦を経過してから、来年のラインナップについて発表出来るのでしょう。」
MotoGP2021 フランスGP 11位バレンティーノ・ロッシ「ミディアムレインタイヤなら状況は変わっていたかも」

マレーシアGPが待ち遠しい

「このパンデミックは未だにチャンピオンシップに影響を与えています。欧州ほどではないにせよ、アジア圏も厳しい状況が続いており、オーストラリア戦も中止されました。しかしマレーシア戦が開催されることに関しては自信があります。アメリカ、マレーシア、タイといった形でレースが続いていくことが非常に重要です。」

「我々にとってはもちろんホームレースが開催されることが非常に重要です。マレーシア企業をタイトルスポンサーに抱えていますし、多くのマレーシアスタッフがいます。何よりもホームレースのファンに会いたいですし、最高のレースをお届けしたいと思っています。セパンでのレースが心から待ち遠しいですね。」

(Source: sepang racing team)

(Photo courtesy of sepang racing team)

MotoGPカテゴリの最新記事