スペイン 今年の夏もしくは2020年全体の国際旅行受け入れ停止を検討

スペイン 今年の夏もしくは2020年全体の国際旅行受け入れ停止を検討

欧州での報道によると、スペイン政府は少なくとも今年の夏については国際旅行受け入れを停止、国内旅行についても移動の制限を行う可能性がある。また、2020年の間は一切の国際旅行受け入れを停止する可能性もあると言われている。

政府が検討しているとされているのが、夏季は国境封鎖を含む海外旅行客の受け入れ停止、国内旅行についても公共交通機関ではマスクの使用を義務化、保健機関によって指導されているソーシャルディスタンスの確保だ。これは同時にスペイン在住の人の国外への移動禁止を含むものであり、4月26日からこの強硬なウイルス感染防止策が実行される可能性がある。

仮にスペイン政府が強硬なウイルス感染防止戦略を取った場合、スペインに本拠地と多くのスタッフを置くMotoGPオーガナイザーであるドルナに対する影響、年間4戦スペインで開催されるレースへの影響、王者マルク・マルケスを含む多くのライダー達の移動に関しての影響は甚大だ。

既に何度も同じ話をしているが、2020年は本当にレースが全く開催されないということも十分にあり得るだろう。

(Photo courtesy of michelin)