アプリリア 6月10日、11日にミサノでプライベートテストを実施

ブラッドリー・スミス
ブラッドリー・スミス

6月10日からアレイシ・エスパルガロ、ブラッドリー・スミスがテストを行う

5月27日、28日にレッドブル・リンクでテストを行ったKTMに続いて、アプリリアは6月10日、11日にミサノでテストを行う。参加するのはテストライダーのブラッドリー・スミスで、6月後半に予定されている2回目のテストにはアレイシ・エスパルガロも参加する予定だ。

アレイシ・エスパルガロのチームメイトのアンドレア・イアンノーネは、2019年のマレーシアグランプリで禁止薬物を使用したとして18ヶ月の資格停止処分を受けており、この処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)へ訴えているところだ。

イアンノーネが参戦出来ない場合のライダーはスミスか

MotoGPは7月19日、ヘレスサーキットを舞台としたスペインGPで開幕する予定だが、もしスポーツ仲裁裁判所(CAS)への訴えが通らずに資格停止が解けない場合、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の判決が7月19日に間に合わない場合、アプリリアはテストライダーのブラッドリー・スミスをレーシングライダーとして登録、スミスで参戦する可能性もある。

アレイシ・エスパルガロ
アレイシ・エスパルガロ

レギュレーション改定によって、コンセッション適用を受けるアプリリアとKTMは6月末までエンジン開発が可能となったこともあり、アプリリアは積極的にこの機会を活かしてエンジン開発を進めるものと予想される。なお、コンセッション適用を受けるため、アプリリアはレーシングライダーのアレイシ・エスパルガロをテストで走行させることが可能だ。

(Source: aprilia)

(Photo courtesy of aprilia)