スペインGPオフィシャルテスト ドヴィツィオーゾ「タイヤの理解に時間をかけた」

ドヴィツィオーゾ

アンドレア・ドヴィツィオーゾは鎖骨骨折が完治しないままにヘレス開幕を迎える。事前のテストでも鎖骨の状態をチェックしながらのテストとなり、総合15番手でテストを終えている。


アンドレア・ドヴィツィオーゾ

週末に時間を無駄にせず挑めるだろう

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「4ヶ月のブランクの後、今日は実に重要な1日となりました。家でしっかりとリハビリを進めていましたので、今日の内容には満足しています。テストに向けてベストなコンディションで挑むことが出来たと言えるでしょう。今日は非常に気温が高く、タイヤも昨年と異なっていますから、タイヤの理解に時間をかけました。こうしたテストのおかげで、週末に時間を無駄にせず挑むことが出来るでしょう。」

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)