チェコGP初日 総合13位アレックス・リンス「肩を休めるためロングランは諦めた」

アレックス・リンス

先週は肩の怪我を抱えて走行したアレックス・リンスだが、今週も肩の調子は万全ではない。Q2に進出するためにはかなりプッシュをする必要があるだろうが、そう何度も全力で走れるというわけでもなかろう。決勝ではグリップレベルが低いことから、ペースは遅くなるはずだが、これはリンスにとっても助かるだろう。
アレックス・リンス

グリップはそこまで悪くない

アレックス・リンス

「良い形で1日を終えました。FP1、FP2共に良い走行が出来ていますが、FP2では肩の痛みが徐々に大きくなりました。肩を痛めたくはなかったので、ロングランは諦めて早めに走行を終えました。こうすることで今週末を走る体力を温存出来るでしょう。肩の状態は別として、バイクはトラックにしっかりと適応しています。グリップはそう悪くないと思っていますので、明日に向けて改善を進めていきます。Q2にダイレクトに進出出来れば思っています。」
アレックス・リンス

(Source: suzuki-racing)

(Photo courtesy of michelin)