サンマリノGP クアルタラロ「マーべリックより0.5秒速く走れるのにという苛立ちがあった」

ファビオ・クアルタラロ

優勝争い出来るペースがあったにも関わらず、マーべリック・ビニャーレスにつかえて前に行けない状態が続いたことで、焦りから転倒したファビオ・クアルタラロ。落ち着いてマーべリック・ビニャーレスを抜くことが出来ていれば、表彰台争いが出来るペースはあったはずだ。今週末再びミサノを走る中で今度こそ優勝争いをしたい。
ファビオ・クアルタラロ

すぐにジャックに追いつかねば思ってミスしてしまった

ファビオ・クアルタラロ

「多くのミスがありました。いいスタートが切れなかったこともそうですし、序盤にジャックと接触がありました。マーべリックの後ろを走行していて、ブロックされて前に行けない状態が続きました。”0.5秒は速く走れるのに”という苛立ちがあったんです。」

「残念ながらプッシュしすぎたということでしょうね。まるで最終ラップのようにプッシュしてしまいました。マーべリックを抜いた後に、すぐにジャックに追いつかねばという思いがあったんです。マーべリックの後ろを走る中で、フロントタイヤがオーバーヒートして空気圧が高くなっていたんでしょう。」

「ターン3で大きなスライドが発生して、ターン4にワイドに突っ込みました。ソフトにブレーキングしようとしたもののフロントから転倒してしまいました。優勝出来るペースがあったのに本当に頭に来ます。少なくとも経験を得ることは出来ました。」

「今はMotoGP2年目ですが、昨年のミスから多くを学んでいます。今日のミスについても学ぶことになるでしょう。転倒した今回のレースもしっかりと見返します。転倒をしたレースですから見るのは嫌ですが、ミスを正面から捉えるのは重要です。来週同じことはしませんよ。」

皆がミスから学んでいく

「速さは発揮出来ますが、経験は買えません。ミスをする中で皆学んでいくんです。マルクやバレンティーノだって未だに学習を続けているはずです。まだ2年目であることを考えればミスも当然します。」

「まだまだ学習を続けることは沢山あります。今日は自分のほうがペースが速くて、遅いライダーの後ろにいる時にどうすべきかを学びました。あまりにも焦って先頭集団に追いつこうとして、時間をかけずに走行してしまいました。今回はフランコやバレンティーノに逃げられてしまうのが怖くて焦ってしまったんです。良いレッスンになりましたが、フランコの初優勝を祝福したいと思います。」

チャンピオンシップのプレッシャーに負けたのではない

「皆がチャンピオンシップのプレッシャーに負けたんだと思っていますがそうではありません。正直言って今回はスピードを発揮すること、優勝争いをすることだけが目標でした。もちろんチャンピオンシップ優勝はしたいですが、まだ自分は21歳でMotoGP2年目です。チャンピオンシップに関するプレッシャーはありませんよ。」

「火曜日にテストがありますし、今週もミサノでレースがありますから待ちきれません。金曜日が本当に待ち遠しいですし、今週こそは自分達のパフォーマンスを証明したいと思います。」

(Source: sepang racing team)

(Photo courtesy of Michelin)