アラゴンGP 初日総合2位 ファビオ・クアルタラロ「タイヤ温度が上がらずに苦戦した」

ファビオ・クアルタラロ

初日に軽いロングランを行ったファビオ・クアルタラロによるとペースは悪くないとのこと。ストレートスピードの差が大きいことから、Ducatiを前に行かせないためにも1列目獲得をしたいところだ。ファビオ・クアルタラロ

強風に苦戦している

ファビオ・クアルタラロ

「昨日の時点でヤマハがスピードを発揮できると思っていましたが、ここまでスピードを発揮するとは思っていませんでした。とは言え、まだまだ苦戦している箇所はたくさんあります。風が非常に強いのにも苦戦していますが、ペースは悪くありません。11周連続で49秒台を記録できましたが、これは決して悪いタイムではないと思います。」

「その後タイムアタックをしましたが、なぜか良いフィーリングが得られませんでした。ブレーキングで自信を感じることができずにいて、気温が低い状態だと走行が難しいサーキットだと感じています。風も強かったのでタイヤの温度が上がらず苦戦しましたが、全体的には良い内容だったと思ってます。」

(Source: sepang racing team)

(Photo courtesy of michelin)