アラゴンGP 総合13位ドヴィツィオーゾ「強風と気温の低さに苦戦」

ドヴィツィオーゾ

ドヴィツィオーゾを始めとするDucati勢は、アラゴンの初日で苦戦を強いられている。大柄な車体、ひときわ大きなウイングレットを採用するDucatiはやはり強風には弱いようで、さらにタイヤ温度を上昇させることも難しいとドヴィツィオーゾは語る。セットアップで改善していくことが出来るか。ドヴィツィオーゾ

セットアップの改善余地はある

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「風が非常に強いこと、そして気温の低さが問題です。タイヤを適切な温度域にすることが難しいんです。明日は風は弱まるようですが少し寒くなる可能性があります。そうなるとFP3でトップ10に入るのは難しいでしょう。セットアップ面では改善の余地があると思います。アラゴンはヤマハが強いトラックですが、まだ時間があります。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of michelin)