Ducati 最高峰クラス2度目となるコンストラクターズ・タイトルを獲得

Ducati 最高峰クラス2度目となるコンストラクターズ・タイトルを獲得

2020 MotoGP最終戦となる第15戦のポルトガルGPが11月22日にポルティマオのアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェで開催された。このレースは、ドゥカティの歴史に残る記念すべきイベントとなった。2007年にMotoGPに初参戦して13年目の今年、ドゥカティは最高峰クラスにおいて2度目のコンストラクターズ・ワールドタイトルを獲得した。今回のレースでは、最終ラップでジャック・ミラー(プラマック・レーシング・チーム)が2位に入ったことにより、ドゥカティは困難なシーズンで合計221ポイントを獲得し、コンストラクターズ・ランキング総合1位となった。今シーズンは、Covid-19(新型コロナウイルス感染症)の緊急事態によって、さらに厳しい状況の中での戦いとなっていた。

ドゥカティ・チームのオフィシャル・ライダーであるアンドレア・ドヴィツィオーゾとダニーロ・ペトルッチ、プラマック・レーシング・チームのライダーであるジャック・ミラーとフランチェスコ・バニャイア、そしてレアーレ・アビンティア・レーシングのヨハン・ザルコの全員が、この大きな目標の達成に貢献した。今シーズン、ドゥカティ・デスモセディチGPマシンを駆る5人のライダーが達成した主な結果としては、8月に開催されたオーストリアGPにおけるドヴィツィオーゾの優勝、ヘレス・サーキットで開催されたスペインGPにおける3位、トリッキーなウェット・コンディションのル・マンで開催されたフランスGPにおけるペトルッチの優勝、ジャック・ミラーの4回の表彰台(オーストリアGP、スティリアGP、バレンシアGP、ポルトガルGP)、ホームグラウンドのミザノ・ワールド・サーキットで開催されたサンマリノGPにおけるバニャイアの2位、ブルノ・サーキットで開催されたチェコGPにおけるザルコの3位などが挙げられる。
Ducati 最高峰クラス2度目となるコンストラクターズ・タイトルを獲得
ドゥカティの成功に加え、今回のレースはドゥカティで8シーズンを過ごしたドヴィツィオーゾにとってデスモセディチGPの赤いマシンに乗る最後のレースとなった。彼は、3年連続(2017年~2019年)でチャンピオンシップ2位を獲得し、ファクトリー・チームで合計14回の優勝、40回の表彰台、6回のポールポジションを獲得した。ポルティマオのサーキットで開催されたMotoGP最終戦で、ドヴィツィオーゾは素晴らしいパフォーマンスを見せて、レースの主役の一人となった。12番グリッドからスタートしたドヴィツィオーゾは、すぐにペースを上げてポジションを挽回、最後まで5番手争いを演じた。ドヴィツィオーゾは6位でフィニッシュラインを通過し、ランキングにとって貴重なポイントを獲得した。これにより、ドヴィツィオーゾは、ライダーズ・ランキング4位でシーズンを終えた。3位のアレックス・リンス(スズキ)とは、わずか4ポイント差であった。

ドゥカティ・チームで2シーズン、プラマック・レーシング・チームで4年を過ごしたダニーロ・ペトルッチにとっても、今回のレースは、ドゥカティとともに戦う最後のレースとなった。彼は、昨シーズンにムジェロで開催されたイタリアGPで素晴らしい勝利を収め、今年のフランスGPでも2度目の優勝を果たし、ドゥカティ・デスモセディチGPとともに感動に満ちた6シーズンを過ごした。18番グリッドからスタートしたペトルッチは、厳しい展開となったレースを16位でフィニッシュした。合計78ポイントを獲得したペトルッチは、2020年シーズンのライダーズ・ランキングを12位で締めくくった。

(Source: Ducati)

(Photo courtesy of Ducati)

Ducatiカテゴリの最新記事